母親が子供の学力に大事?頭のよい子を育てるコツとは

母親が子供の学力に大事?頭のよい子を育てるコツとは

母親の学力や育て方はどのくらい子供の学力へ影響があるのか調べてみました。 子供のIQを調査したところ、母親の遺伝子が影響しているという事が分かりました。 X染色体にある知性の遺伝子は母親だけが持っている遺伝子です。 それによって母親が持っている知性の影響が、子供に強く出やすいという事が分かっています。 もちろん全てが遺伝だけではないと思います。 賢い母親は子供との遊び方も少し違います。 これは学力の有り無しとは少し違うと思いますが、教え方や接し方が違うのです。 そういった影響により、子供の知性などに差がついてくると言われています。

頭の良い子を育てるコツとは

家庭環境や親の性格により子育ては大きく変わると思います。。 様々な育て方がありますが、頭の良い子を育てるのに効果があると言われているコツをいくつかご紹介したいと思います。
勉強はリビングで
自室よりリビングで勉強をした方が集中できると言われています。リビングの方が漫画やゲームなどの遊びの誘惑が少ない為です。 また、親の目が近くにあるから遊ばなくなる、勉強で分からないところはすぐに聞けるということです。 子供に質問された親は、作業を止めて対応し、一緒に考えることがとても大事なのでこれは避けてはいけません。
家庭の雰囲気が明るい
家庭の雰囲気は子供の性格にも影響が出ます。 母親が父親の(逆もあり)悪口を子供に言うのは本当によくない事です。 子供とのコミュニケーションもしっかりとりましょう。
子供がしたことに罰を与えない
成績が悪くなったら子供に対して、お小遣いを無しにする又は減らすといったことはよくないです。そんな事をしても意味ないからです。 子供を餌で釣ってもいいことはないと思います。 これらは子供の学力を上げる他に、子供の自尊心を育むのにとても大切なポイントとなります。 自尊心が高い子供は、なにか困難があったときに立ち向かっていく強さを持っています。 この強さこそが受験勉強といった荒波を乗り越えていくのに必要な要素と言えます。