子供の学力を伸ばすために大事なこと

子供の学力を伸ばすために大事なこと

子供の学力を伸ばす為には親の行動や環境で大きく違いが出てきます。
子供の学力が私達親の行動で伸ばすことができるなら、やってあげたいと思うのが親心。
ただ、やってあげるだけではなくて、しないこと、子供がやるのを待ってあげるのも大切なようです。

 

ここからは、実際に私が子供の学力を上げるべく100冊以上の育児に関する本・雑誌を読んで子供の学力を伸ばすポイントだとメモをとったいくつか紹介します。

 

「勉強しなさい」を言わない

勉強ができる子供の親は「勉強しなさい」と言わないそうです。
親に言われて勉強すると、子供は親の為にやる・やらなければならないと勘違いするからです。
そんな気持ちでやるのは学力を伸ばすことになりません。

 

指先をたくさん動かす

指先には多くの神経があり、脳に直結しています。
国内だけでなく海外の脳科学者が指先を使うと脳細胞が活性化すると言っています。
小さい頃から指先をたくさん動かす遊びをする事をお勧めします。

 

勉強はリビングで

学習机がなくても勉強は出来ます。
リビングにあるテーブルで十分だからです。
リビングで勉強すれば親も近くにいるので質問も出来るし、遊びの誘惑が少ないのでとても効果的です。

 

未来を想像させる

子供に夢を持たせましょう。ただ夢を持たせるだけでなく、具体的な夢を考えさせるのです。
何を何歳までにやるか、その為にどうするのか。
目標を達成するための段取りを考えさせる。
それを年表に書くことも大切なことです。

 

両親とたくさん会話する

たくさん会話をすれば知能が高くなります。それによって知識が増えます。
最終的にいろんな人とも話せるようになるので、とても良いです。

 

しかし、中には頑張ってもなかなか成績が伸びない子供もいますよね。
そんな時には学力を伸ばすサプリを飲むのも1つの手かと思います。

 

トップページ:>>子供DHAサプリメントはこちら